バックナンバー ー 前委員長のメッセージ

 メッセージ

 

 近年、豪雨・台風による風水災害や大震災など、これまでに経験したことのない規模の自然災害の脅威にも直面してきました。その中で、電気がいつでも使える日常の素晴らしさを改めて実感された方々も多いと思います。家庭でコンセントにプラグを差し込めば、当たり前に使える電気ですが、このこと自体、電気の安定的な普及に向けた、先人の弛まぬ努力の賜物なのです。
 これからも電気の役割は増えこそすれ、減ることはありません。電気とは何か? 電気はどうやって生まれ、運ばれてくるのか? モノを動かす電気の不思議な力とは? あらためて多くの皆さまに知っていただき、体感いただきたいとの思いで、電気学会では、電気知識の冊子発行や動画の配信、地域での教養講座や理科教室のお手伝いなどを行ってきました。この活動をより発展させていくことを目的に、2020年2月に電気学会は社会連携委員会を新設しました。この委員会の傘下で、幾つかのワーキングが積極的に活動しています。
 この委員会の活動に社会の皆さまにも広く参画いただき、これからの社会での電気のよりよい生かし方を学会員と協同して考え、実践する場として発展していくことを願っています。

(南 裕二 委員長2020-2021)