トップインデックス

 

バックナンバー   
 ▲右上のマスコット又は画面をクリックすると会話が自動表示されるようになりました。
 

 

 

  

 

お知らせ

 

▶N0.031- 2021/12/06

パリの近代美術館には、ラウル・デュフィのフレスコ画『電気の精』が展示されています。108名の電気にかかわる哲学者、科学者、技術者が描かれていて、サイズは10m×60mで10トンの重量があります。このたび、近代美術館のリニューアルに合わせて『電気の精』をウェブで見ることができるようになりました。トップページで "découvrir"にアクセスし、画面右上を "JA" にすると、説明が日本語になります。訪問者になったつもりでポインタを上下左右にドラッグしてみてください。画面右下に目のアイコンが出てくるのでクリック(タップ)して、対象を選ぶと説明文が表示されます。ぜひご覧ください。なお、日本語化は電気学会の電気技術史技術委員会の有志が行いました。

 

▶N0.030- 2021/11/01

電気学会の今年度の教育支援資金の募集が始まりました。積極的なご応募をお待ちします。ご関心がおありの方は「参加しよう」の「教育行事に参加しよう」の項をご覧ください。

 

▶N0.029- 2021/09/26

「小冊子を使おう」ページの「一歩先へ」に、「電力技術は夢がいっぱい」をアップしましたので、ご覧ください。 

 

 

◆過去のお知らせ

 

 

 


サイト検索

電気学会社会連携委員会のウェブサイト内部を検索します。外部も検索する場合は一般の検索エンジンを使用ください。

0 2 8 1 8 1